団体名
特定非営利活動法人 こころの救急箱
設立目的
人生における苦悩、孤独、抑鬱、悲嘆等により、自殺の意志を示すなど危機が切迫し、孤立している人々に対して、相談電話を以て感情面の支援を行う。また広く自殺に関する事項についても社会全般に周知させる活動を行うことにより自殺防止を図り、以て公共福祉の増進に寄与することを目的として設立したボランティア団体である。
主な活動
孤立し追い詰められて自殺念慮を抱えている人たちに対して、その辛い気持ちや感情、状況への傾聴の大切さを学び、ボランティアとして自殺予防相談電話活動を行っている。高い傾聴スキルを持つ電話相談員養成のための講座を毎年開催している。(週1回、約4か月)
また、若年層の死因の一位が自殺であることを鑑み、語り合いの場として<デス・カフェ>を2年連続して開催し、今後も継続の予定。
自殺の危機に瀕している人たちに心を傾けて誠実に寄り添い、生きる力を自ら取り戻していただけるような聴き方を、定期的、継続的な研修を通して学び続けていく。
機関紙の発行により、自殺問題への関心を広く社会に向けて広報・啓蒙を行っている。
活動エリア
  • 中央区
代表者名
中嶋 富美子
連絡担当者名
藤原 厚子
連絡先
団体所在地
団体種別
NPO 法人
活動分野
  • 雇用・社会生活
  • その他
設立年月日
2011-5-11
関連URL
一言メッセージ
・「こころの救急箱」としての相談電話活動 : 毎週月曜日 20:00~翌日火曜日3:00
・受託事業 : 一般社団法人社会的包摂サポートセンター「よりそいホットライン」の自殺防止専門ラインに参画し、週に2回担当
共に祝日、年末、年始も活動している。
・2018年6月より「第11期相談員養成講座」を開催します。予想外のご応募をいただき、ありがとうございました。