0911

 

淀川区の東に位置する市立東三国中学校では、同校の生徒で構成されているジュニアリーダーが年間を通じて様々なボランティア活動に取り組んでいます。全校生徒約300人の大半がこのジュニアリーダーに登録し、地域活動協議会が実施するクリーンウォーク(清掃活動)や地域の運動会、小学校で開催される子ども会キャンプファイヤーなどの活動にボランティアとして参加、地域住民や小学生と積極的にコミュニケーションを取りながら活動に励んでいます。

 

中でも「命を守る行動」を重点活動に掲げ、「防災至上」の観点から、ジュニアリーダーは2年続けて東日本大震災の被災地である東北を訪れ、復興途中の被災地の様子や現地の中学生ボランティアとの交流活動を行なっています。昨年東北を訪れた山﨑さんと大西さんは「実際に被災地を見て防災の大切さを学んだ」「自分の住む地域の防災活動にも活かしていきたい」と話します。

 

6月28日に、平成29年度ジュニアリーダー結成式が行われ、生徒80人と教職員・地域役員30人が参加し、一年間のボランティア活動に取り組んでいくことを確認するとともに、大平義春東三国地域活動協議会会長や渋谷靖淀川区副区長からも、ジュニアリーダーの活動に大きな期待が寄せられました。