結婚や出産などで一度は吹奏楽から離れたけれど、再び演奏したいという思いから、子どもがいてもできる音楽活動をしようと、Mam’s Wind Orchestra「clover」の活動が始まりました。主に幼稚園・保育所で訪問演奏しています。家庭と子育てのリズムを大切にしながら、吹奏楽で赤ちゃんから大人まで楽しめる暖かい演奏をめざしています。

 

p6 clover写真

 

また、ここ2~3年は高齢者施設からの依頼が増え、演奏を聴いて歓声を上げる子ども達とは対照的に、静かに涙している利用者の姿はとても新鮮で、改めて音楽のすばらしさを感じています。

 

大きな音が出るため、練習できる場所は限られており、場所の確保は課題となっています。また、子育てしながらの活動のため、演奏依頼を受けてもメンバーが揃わないことや、時間帯が合わず訪問できないこともありますが、できる限り要望に応えたいと考えています。

 

8人で始めた活動は、現在50名程度になり一定数を保っていますが、普段からメーリングリストやSNSで双方向のコミュニケーションをとり、あまり練習に参加できていない会員とも情報を共有できるようにしています。また、楽器パートごとにリーダーがいて、グループ間でケアができることは吹奏楽の良いところです。毎年の定期演奏会には子どもと共にほぼ会員全員が参加しています。練習中には子ども同士で世話をしたりする場面も見られ、メンバーにとっては、音楽に限らず、子育てや仕事のことなどの話をする場にもなっています。

 

「私たちは『聴く方、演奏する方、みんなが幸せを感じてほしい』をモットーとして活動しています。赤ちゃんや小さなお子さんがいても入団可能なので、訪問演奏で喜んでいただくだけではなく、自分たちも親子で音楽を楽しむ場となっています。」と、今日も暖かな音楽を演奏しています。

 

★ホームページ http://mamclover.blog92.fc2.com