住吉区の山之内地域振興町会が中核となり、山之内社会福祉協議会の組織と機能を母体と

して、設立。

多様な団体と有益な人材の意見を集積し、地域の住民が心豊かで、潤いのある生活ができ

る、安全で安心な『すみよし町づくり』を、住民共同参画の方向で推進することを目的として

様々な活動を展開されている山之内スマイル協議会のキーパーソンのおひとり、女性部長・

和田 勍子さんにお話を伺いました。

 

 ①和田様

 山之内スマイル協議会

 女性部長 常駐地域支援相談員

 和田 勍子さん

 

 <主な活動>

 防犯・防災、子ども・青少年、福祉、健康、環境、

 文化・スポーツなどに関する活動

 

 

 

 

地元大学の学生ボランティア参画で、さらに価値を高めることにつながった山之内「子ども食堂」

住吉区の中でも山之内ならではの特色ある子ども食堂※事業を展開されているとのことですが詳

細をお聞かせください。

※子どもの貧困課題を地域で解決する施策の一環として位置づけられた事業。地域によっては地域交流など、

 貧困対策だけに留まらない場合もある

 山之内「子ども食堂」は、昨年スタートした事業で、「たべる」、「まなぶ」、「あそぶ」をコンセプト

に、月1回利用料100円で、単に食事の提供だけでなく大人が勉強を見たり、一緒に遊んだりして

“触れ合うこと”を強みとしています。

 ここでいう大人とは大阪市立大学のアルティメットサークル颯和(さつな)の学生たちで、宿題を

見るだけでなく、自主的に問題作成やプリントの準備などにも対応してくれています。

 アルティメットサークル颯和(さつな)とは他にも連携しています。

 山之内に住んでいる子どもたちを地域で育てることを目的に、毎年「あいあいあい祭り」というイ

ベントを山之内小学校で行っているのですが、それでご一緒した際、「子ども食堂」に関心を持っ

ていただき、ぜひ参画したいと申し入れてくださいました。

 今では30名以上に上る学生ボランティアの中から、毎月ローテーションで4~5人ずつ山之内

「子ども食堂」のスタッフとして参画してくれています。

 

 

大学生の若い力、私たちの知識と経験…互いに助け合い、地域の子どもを支える

大学生に参画してもらって良かったことは何ですか。

 子どもはとにかく元気。あちこち走り回りますので、私たちの年代では子どもの安全を確保する

という点では不安があります。そうした面から、大学生の若い力を貸していただけるのは本当に助

かっています。また、反省会にも自主的に参加してくれて、意見交換もしています。彼らのこうした

姿勢はとても有難いことですので、少しでも彼らの有益な経験の一助となるようなればと思ってい

ます。

 

 

行政施策と地域で自主的に行ってきた高齢者の見守り活動をドッキング

山之内スマイル協議会と行政との具体的な連携事例と、いきさつをお聞かせください。

 高齢者の見守り活動です。

 もともと地域の高齢者の見守りを自主的に行ってきた基盤が山之内地区にはあるのですが、災

害があった時の支援と日頃の見守り活動を一緒にしましょう、という大阪市の新たな施策と連携し、

住吉区と共に平成27年から本格的に取り組み始めて現在に至ります。

 具体的には住吉区で作成された、支援が必要な方の名簿をお預かりして、日頃の見守り活動と

繋げた活動をしています。施策と連携した活動をする前から数えると、見守り活動はすでに5年目

になります。

 

 

見守り活動の“狭間”を行政の施策で埋められるのでは?行政との連携メリットを実感

見守り活動をされるにあたって大切にされていること、そのための工夫をお聞かせください。

 支援する側であるボランティアにできるだけ負荷をかけないことです。負荷がかかると長く続け

ることが困難になると思いますので、誰もが無理なく、気軽にできることが大切と考えています。お

かげさまで現在、約50名くらいの地域の方が協力してくださっていますが、具体的にはボランティ

アの自宅を拠点に近くの高齢者を見守る、という方法をメインの活動にしています。

 細やかに気にかけていても、“狭間”で何かが起きる事があります。たまたま訪問しなかった時
に具合が悪くなった…昨日伺った時はお元気だったのに、ということが実際にあり、とてもにショッ

クを受けたことがあります。それがきっかけとなり、数回行ってもお留守だったという時は、すぐに

地域包括支援センターに連絡をして所在確認を必ずしてもらうようにしています。

 

 

子どもと高齢者、その家族など地域をつなぐ、山之内スマイル協議会事業連携

大阪市の別の事業につないで、既存活動における課題を解決されているわけですね。

ほかに、連携・協働など発展事例はありますか。

 連携と言えば、地域のイベントとして、年に1回、「カレーまつり」を実施します。

 子ども食堂と見守り活動に関わるボランティアスタッフが連携して地域を盛り上げる貴重な機会

となっています。

 介護予防の観点から、見守り活動の対象者で、可能な方は沢山の人と触れ合う機会を提供さ

しあげたら、ということで、子ども食堂事業と連携させました。

 

 

山之内を地域みんなで守り、住みやすいまちに。そのための環境づくりを整えたい

様々な活動による手応えなど、和田さまが感じておられる率直な思いをお聞かせください。

 確かに大変です。当然一人ではできません。皆さんが協力的に支えてくださるからこそできるの

です。みんなの力で、みんなが協力的に関わってくださることを肌で感じ、それを誇りに思っていま

す。

 山之内をみんなで守っていかなくてはいけない。住みやすいまちにしていかなくてはならない。

 そのためには高齢者も障がい者も子どもも、みんなで一緒になってみんなで見守り合うこと。そ

の環境を少しずつでも整えていくことが私たちの使命と思っています。

 

 

課題を解決するための施策、地域は“隙間”を埋める。行政とは今後も積極的に連携したい

最後に、これから先を見据えての思いをお聞かせください。

 これら一連の活動に、ここまでいいという制限はありません。相手は人間で人と人との向き合い

です。それだけに次から次へといろいろな課題が出てきます。

 先ほど申し上げたように、地域での孤独死に直面した事があり、その時にこのようなことがない

よう地域で見守っていかなければと強く思いました。

 住吉区には高齢者支援の事業所などはたくさんあります。でもサポートできる時間には限りが

あります。私たちは地域としてそんな“狭間”を埋めるお手伝いができないか、という観点で動きます。

 お元気にされてるかな?と気にかけ、見守り、心配を感じたら行政につなぐ、という橋渡しが今

後も継続してできたらと思っています。

 

——————————————————————————–

【現場レポート:5月12日(土)「山之内カレーまつり」を見学しました!】

世代を越えて、漫才を楽しんだり、みんなで歌を歌ったり、大盛況でした。参加者にふるまわれた
カレーライスは優しい味で本当に美味!ボランティアスタッフとして携わられていた大阪市立大学
のアルティメットサークル颯和(さつな)の女子学生に活動のきっかけを尋ねると、満面の笑みで
「もともと子どもが大好きなので、活動しています!」と話してくれました。
「見守り活動」、「子ども食堂」…代表的な地域事業を組み合わせることで、高齢者、子どもたち、
地域の人々の交流はもちろん、支える側である福祉関連の活動団体、地元大学の学生ボランティ
ア、行政とさまざまな人たちが一堂に会し、協働する機会を生み出すことができるのだということを
実感することができました。

①カレー祭り1 ①カレー祭り4 ①カレー祭り2 ①カレー祭り3