このサイトについて このサイトの使い方 地域課題 ボランティア
イベント情報
団体情報 企業・団体の
社会貢献
助成金 講座など 市民活動についての総合相談窓口 行政からのお知らせ 企業×市民活動 コラボのススメ イケてる!市民活動★ミニレポート 交流会のお知らせ オープンデータ集
  1. ホーム
  2. 株式会社宮田運輸

大阪市 市民活動のためのクリック募金

協賛企業一覧のバナーをクリックすると、あなたに代わって協賛企業から寄附されます。
寄附金を使って、市民活動団体が行う大阪市の地域課題・社会課題の解決に取り組む事業を助成します。
クリック募金へのご協力、ありがとうございました!
株式会社宮田運輸
株式会社宮田運輸
今月のクリック数1602
累計クリック数7741

住所:大阪府茨木市双葉町8-1奥村ビル4F403
TEL:072-646-6013
http://www.miyata-unyu.co.jp/

宮田運輸の取り組み

国際CSV事業部設立

miyata_01

2017年4月1日、経済的価値と社会的価値を同時実現し、共通価値の創造を目指すCSV(CreatingSharedValue)事業部を設立しました。

「交通事故をなくしたい!」ここから社長のアイデアでたどり着いた、トラックの子供の絵とメッセージのラッピング社内で始めた活動は、「こどもミュージアムプロジェクト」として、社外へと広がり、そのうち、マスコミの方にも取り上げていただくようになり、今も、少しずつではありますが、確実に広がり続けています。

純粋な子どもたちの絵やメッセージは、ストレートに人に伝わります。
人を優しくします。笑顔にします。もっとたくさんの人に知ってもらいたい。
そんな「想い」から誕生したのが、「国際CSV事業部」です。
宮田運輸は笑顔が溢れかえるような「場」や「機会」を沢山創りたい!

miyata_04

交通事故と燃料の減少

こどもミュージアムトラックを導入してから3年、交通事故の件数は約4割減少し、燃費もよくなっています。

miyata_08

miyata_12

社員と共に心の変化

株式会社宮田運輸の8拠点の内、半田事業所は交通事故の件数は一番多く、社内でワースト1の拠点でした。
2014年8月こどもミュージアムトラック一号車導入。
2016年8月から社内木鶏会を毎月開催し、コミュニケーションを図っており、殆どの従業員が参加してくれています。
2017年8月まで半田事業所のこどもミュージアム号は8台になりました。
昨年に比べると、半田事業所の交通事故は75%を減少し、事業所の雰囲気もよく、売上も順調に伸びています。

miyata_16

子供達との触れ合い

絵を描いて頂いている子供達は町中に走っているトラックを見て、どう考えているでしょうか。

大切な人のために描いた絵は現地の小学校、新聞社、テレビ局、警察署等に注目されて、心にどう響いているでしょうか。 様々な所で自分の絵を見ている子供達は自分が必要とされている気持ちになり、自信と誇りを持つようになると思います。自己肯定感を持つと、力も十分発揮できます。

誰かのためにお役に立ちたい、誰かもために行動したいという気持ちは将来の自分と繋がります。

miyata_19

紙芝居プロジェクト

子供を対象に「こどもミュージアム誕生ものがたり」の紙芝居を通じて、書いてもらう「絵」が事故を防ぐ事に繋がる事を伝えます。紙芝居プロジェクトを通して、子供たちが感謝される喜びと役立つ喜びがありました。子供の成長過程で、体感する事が、「良心」へとつながります。

miyata_23

社外向けのみらい研修-心の研修

音楽が流れて、子供の笑顔が溢れ、緑に囲まれて、自由発想ができる空間で毎日仕事しています。

ここは事務所は無論、研修の場でもあります。
毎月2回、社外向けの「みらい研修」という勉強会は国際CSV事業部で行います。

「命、その物に存在価値がある」
「今ある物を大切にする」
「感情の奥にあるニーズはなに?」
「ダメな自分、いやな自分を否定せず、ありのままの自分を素直に受止め」リラックスの空間で、自分の気持ちをリセットし、研修を通じて普段の出来事から新たな気づきが生れます!

miyata_22

社内のみらい会議

宮田運輸では毎月1回『これからの自分達の会社をみんなで考える』を目的に、自主参加で「みらい会議」を開催しています。

未来会議では各事業所の売上・目標管理などの共有する同時に、野澤卓也氏を講師に、学びの場として塾を開いていただいています。「みやたのなかま」と色々な気づき感じられる。

miyata_29

みらい合宿

どうすれば人は本当の力を発揮できるのか?
内発的な動機、優しさ、創造性に繋がれるのか?
どうすれば、急激な社会の変化に対応できる既存の発想にとらわれない社員が育つのか?

不定期的に開催している、みらい合宿では人が持つ本来の力と優しさを発揮するために、
大切なこと、必要なことを「知識」だけではなく、「気づき」通して意識の変化を体験していきます。
また、インストラクター田中 智子先生による、ヨガや瞑想の時間もあり心技体バランスよく学ぶことができます。

miyata_28

特別企画

こどもミュージアムプロジェクトは4年前の8月30日に遭った悲しい事故をきっかけにスタートした取り組みになります。
 2017年8月30日、第一回目の「こどもミュージアムプロジェクト交流会」は岐阜県のマルエイ運輸株式会社様にて開催し、17社のご参画企業様、40名の方々の熱い想いで円満に終了いたしました。物流Weeklyと物流ニッポン、2社の新聞社様が取材に来て頂きました。 
 安全への想い、家族からの、事故に「あわないでね」という願いを背負って走っています。という気持ちを共有しました。  他の誰でも「あなたに」事故にあってほしくない。無事帰ってきてほしいのだという気持ちが胸を打ちました。
 我々宮田運輸は皆が忘れかけている「良心」を呼び起こしたいです。そして、3年後10年後、こどもミュージアムプロジェクト交流会にもっと多くの企業様にご参画頂き、社内と社外における様々な所の変化等、嬉しい情報を聞かせてい頂ければと思っています。

miyata_35

協賛企業一覧

以下のバナー1クリックにつき3円を、あなたの代わりに協賛企業が寄附します。
ただし、各企業の寄附はひと月あたり3000クリック分の9000円が上限となります。
すべての協賛企業に対してクリック募金が可能です。ただし、同じ企業バナーのクリックは1日1回しかカウントされません。

以下のバナーをクリックしてください!ご協力お願いいたします!

協賛企業募集・お問合せ

大阪市市民局区政支援室地域力担当連携促進グループ
TEL:06-6208-9833
FAX:06-6202-7073

btn_pagetop
おおさかコミュニティビジネス情報局 大阪市地域公共人材バンク