cafemiro

大阪市西区にある「ブリヂストン化工品ジャパン株式会社」では、5月から月に1回、「NPO法人cafe MILLO(以下、カフェミロ・就労継続支援B型事業所)」のパンやお菓子を社内で販売しています。カフェミロは同じ西区にあり、企業や区役所、社会福祉協議会などに天然酵母を使ったパンの販売や配達を行っています。素材にこだわったパンを作って、飽きの来ない美味しさを提供していることが人気の理由です。

社内での販売に至ったきっかけは、ブリヂストン化工品ジャパン株式会社からの「社会貢献を始めたい」との相談でした。企業の社会貢献プログラムの中から「買って、味わって、理解する社会貢献」としてカフェミロのパンやお菓子の社内販売を始めることになりました。

カフェミロの利用者が商品を運ぶために交通機関を使い、対面で販売をすることは、障がい者の就労訓練に繋がります。そしてその一役を企業が協力するものです。

 

初日に向けて、ブリヂストン化工品ジャパン株式会社では、カフェミロが運営する店舗で社員がランチをしたり、社内メールや口コミで販売するパンの種類と価格を告知するなどの工夫を重ねてきました。そして当日、カフェミロからは指導員と利用者3名が参加して販売を行いました。指導員からは「初めてのことでどれだけ販売できるか迷いました。」との感想がありました。企業の担当者も呼び込みをしたり、1人で幾つも手作りプリンを買う社員も多く見かけられました。

 

企業の担当者からは「もっと社員に告知の工夫をして、この活動を継続していきたい」と意気込みを話されました。同じ西区にある企業がNPO法人の取り組みを理解して、「買って、味わう」社会貢献が今後も続くことに期待されます。

 

cafemiro2