P1020383

平成29年8月19日、社会福祉法人大念仏寺社会事業団ボ・ドーム大念仏にて、株式会社スタイリングライフ・ホールディングスによるステッカーアート教室が開催されました。

 

ステッカーアートとは、様々な種類のステッカーを組み合わせて貼り絵を作ることです。同社は、グループ会社であるPLAZAで直輸入しているステッカーを使って、2005年から全国の病院や児童支援団体でステッカーアート教室を行っています。実はこの活動は、社員の自発的な提案から始まったものでした。同社の環境・社会貢献課課長の磯田さんは、「私たちは自分たちの扱う製品に愛着を持っています。その製品でオリジナルの社会貢献ができれば。」と話します。

 

今回は14人の子どもがステッカーアートに挑戦。キラキラと光るものや、犬や魚…カラフルなシールに子どもたちの目が輝きます。磯田さんが「このシールはアメリカから来たんだよ」と話すと、子どもたちからは「すごーい!」という声が。

 

そんな姿を見守りながら「子どもたちに色々な体験をさせてあげたい。来てもらえてよかった。」と話すのは、ボ・ドーム大念仏の支援員の関本さん。乳幼児から高校生まで、様々な事情を抱えた親子を支援しています。その中には精神的にしんどい思いをしている母親や、DVから逃げてきたため、外に出ることを怖がる親子もいるとのこと。子どもたちは思い思いにシールを貼り、オリジナルの作品を作りあげていました。

 

出来あがった作品を持って元気に走り回る子や、完成した作品と笑顔で写真を撮ってもらう子どもたちの姿があり、終わった後も「まだ作りたーい!」という声が響いていました。子どもたちの夏休みの素敵な思い出になったようです。

P1020403

 

[資源の提供情報]無料ステッカーアート教室の出張開催

http://kyodo-portal.city.osaka.jp/contributions/3588