ベル1

新東三国小学校PTA主催のハロウィンイベント「ハロウィンdeぼうはん」が、11月12日(日曜日)に開催されました。
実は、このイベントは、当初10月末に開催を予定されていました。しかし、台風で中止となってしまい、「こどもたちが楽しみにしていたので、何とか開催したい」という声に応え、内容を変更して実施されたものです。

 

淀川区の新東三国小学校に、魔女やキャラクターなど思い思いの衣装に身を包んだこどもたちが集まってきました。
イベントのスタートです!
まずは、仮装したこどもたちに「フェイスペインティング」が施されます。フェイスペインティングをしているのは、大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校の生徒さんたちです。
「どんなのがいい?」「キラキラしたのがいい!」「ミニオンみたいにしたいな!」そんな会話を交わしながら、進んでいきます。フェイスペインティングをしてもらっているこどもたちも、フェイスペインティングをしている生徒さんも、そして周りで見ている大人たちも、みんな自然と笑顔になります(*^_^*)

 

フェイスペインティングでハロウィン気分が高まったこどもたち、次は「『こども110番の家』クイズ」に挑戦です。
「この『こども110番の家』はどこでしょうか?」と1枚の写真が映されます。答えは3択。こどもたちは、正解と思う答えのところに別れていきます。答えが発表されると、こどもたちから「イエーイ!」「そうかと思ってたぁ(>_<)」などの声が響きます。

ベル2

ところで、「こども110番の家」を御存知ですか?「こども110番の家」は、こどもたちが外出先でトラブルに巻き込まれそうになった時に助けを求めて駆け込める家や店舗で、入口には目印となる旗などが掲げられています。いざという時に「こども110番の家」がどこにあるのかわからない、といった事態にならないよう、普段からこどもたちに「こども110番の家」を意識してもらう目的で、このクイズに取り組まれています。

 

最後は、仮装コンテストです。会場にいるみんなが審査員となり、「いいな」と思う仮装したこどもにモールを渡すというルールです。こどもたちは、ワイワイと会場を練り歩き、仮装をアピール。一番多くモールを集めたこどもには、王冠が授与されました(*^^)v
ハロウィンには欠かせない?お菓子ももらい、ニンマリなこどもたちでした。

ベル3

今回のイベントに、大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校の生徒さんは、ボランティアとして参加されました。
「ありがとうって言ってもらえると嬉しいです。」「こどもたち、本当にかわいい!」そう語る生徒さんたちの顔はとても輝いていました。
また、地域の方からは、「今回はメイクという専門分野で、地域ではできない、けれど、子どもたちを喜ばせたい!という望みを叶えていただいたと思っています。」というお言葉もありました。
地域と専門学校との連携により、たくさんの笑顔がうまれたイベントとなりました☆

 

大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校さんは、地域や高齢者施設等でのイベントなどで、ヘアアレンジやハンドマッサージなどを提供してくださいます。
詳しくは、「大阪市市民活動総合ポータルサイト」の資源提供情報をご覧ください。