企業×市民活動 コラボのススメ内容

子育てや教育に関する専門的な知識や技能を持つ大学として地域に

貢献できることとは―?

大阪城南女子短期大学 准教授 中津功一朗さん、講師 村上佑介さんに

お話を伺いました。

 

学校法人 城南学園 大阪城南女子短期大学

東住吉区に本拠のある唯一の大学、短大で、保育園、幼稚園、

小中高校、短大、大学、大学院さらに福祉施設までがあります。

KOMAクルは地域の子育て支援スペースとして運営されており、

「平成26年度大阪府商店街課題解決プラン事業コンテスト」で

優秀企画として選定され、大阪府の委託事業としてスタート。

平成27年度3月より城南学園の独自事業として運営継続され

毎週月・水・金 10時~14時開場

中津先生_城南女子

現代生活学科准教授 博士(情報学)

中津功一朗先生

 

 

 

 

 

村上先生_城南女子

総合保育学科講師 博士(学術)

村上 佑介先生
 

 

 

 

「KOMAクル」は地域で子育てに専念する方々の息抜きや人と人が

つながる場にもなっている

「JONANこどもひろば KOMAクル」についてお聞かせください。

 

 仕事から離れ、子育てに専念されている方にこそ、自分だけの時間、

ちょっとした息抜きの時間が必要と思います。むしろ、そこにこそニーズが

あるのではないかと考え、駒川商店街の中に子どもの居場所をつくった…

それが「KOMAクル」です。買い物ついでに寄れるという敷居の低さが

利用者の方には好評です。また、ここで知り合った方同士の情報交換の

場としても活用されていると感じています。核家族化で、若い子育て

世代は地域コミュニケーションが希薄になりがちであるということも

背景にあったと思います。

 活発な情報交換を通じて、これまでは参加することに躊躇していたような

地域イベントにも、みんなで参加してみよう、といった例もあり「KOMA

クル」だけに留まらず、地域参画の機会を増やし、多くのコミュニケーションの

深まりや広がりにもつながっていると思います。

 お子様を一時的にお預かりする以外に、子どものためのクラッシック

コンサートなど、イベントやワークショップも実施しています。子育て中の

方は、なかなかコンサートなど行けないと思いますので、実質は子どもの

ためというよりも保護者の方に喜んでいただけたらという意味合いが

強いですね。また、子どもへの教育造形美術の講師によるアートワーク

ショップなど、独自性を打ち出したプログラムも人気です。

 大阪城南女子短期大学は在学中に保育士や介護士、教員の資格を習得する

など、子育て・教育、介護に関わるプロフェッショナルを多く輩出する大学です。

だから「子育て支援」を目的に、大学として地域貢献する、ということは

必然でした。

 

地域との接点を持ったのは防災活動への参画がきっかけ

地域とはどのようにしてつながることができたのですか。

 

 この地域は、以前から湯里小学校と町内会との連携が活発でした。特に防災に

関しては、湯里地域の町内会はとても進んでいますが、高齢化などの課題も

ありました。いざという時に若者が防災活動の担い手として協働できればと、

4年ほど前から当学の学生も活動へ参加させていただくようになり、地域の方

たちとの連携が深まってきました。

 若い学生にとっても良い社会勉強の機会をいただけていると感じています。

 

産官学連携の経験は学生にとっても将来、社会に出た時の強みになる

「JONANこどもひろば KOMAクル」について、手ごたえや成果は

どう感じていますか?

 

 「KOMAクル」の口コミは増えていると感じています。利用者が増え、

そこにコミュニティができ、人と人とが繋がっていると感じられることが

嬉しいですね。

 コミュニティとは、誰かに強制されるでもなく、自然に友だちになって、

ゆるいつながりで自発的に生まれる事が望ましいと思っています。

またアートワークショップなどは保護者も夢中で取り組まれる傾向も見られ、

利用者から評価をいただけているからこそ、口コミ増加につながっているのだと

思います。また「KOMAクル」が口コミで広まるにつれ、企業などから「うちも

何かできる事ないかな?」などと尋ねられる機会が増え、新しいものが生まれる

機運も実感しています。

 

コマランタン_城南女子

 もともと産官学連携などの経験を通じて学生たちが社会や地域と関わることは

重要と考えていましたので、行政や企業と連携していくということに対して

大学として積極的に活動してきた背景があるのですが、その活動がさらに活発化

していると思います。現在進行形の産官学プロジェクトが12事例進行中で、

一部商品化がされた事例もあります。今後も多くの企業とのコラボを検討して

います。

 これからの時代、専門知識、技術を持つだけでは駄目ですよね。言われたことを

言われた通りにするのでなく、なぜそれをするのか、どうすればいいか、といった

ストーリーが自分で描けないと社会では通用しない。「○○できる介護福祉士」、

「○○もできる保育士」など、さまざまな現場に応じた柔軟な対応ができる資質と

能力を育むことが必要となります。また、学生たちが担い手として地域や地元の

企業と連携することで、地域の課題解決や地域活性に貢献できることは意義が

あることですし、社会とつながる実体験を積むことは学生にとっても将来、社会に

出たときの強みとなり、自分に自信を持つことにもつながります。

 

 

「子育てにやさしいまち」をさらに推進するためのインターネット版井戸端会議

「KOMAクル」以外で取り組まれている事業があるとのことですが、それについてお聞かせください。

 

 東住吉区全体が「子育てにやさしいまち」を推進するための取組みとして、

東住吉区役所の「子育て応援ナビ」のサイト運営に関わっています。

具体的にはまち全体のちょっとした子育て支援について、地域の人たちや

ボランティアの方へのインタビューを通じて情報を集め、サイトを通じて

発信しています。

 例えば商店街情報なら「子育て世代にやさしいお肉屋さん」と打ち出し、

子どもに適切な動物性たんぱく質の摂取量や調理法など、お店からの目線で、

子育て中の方に役立つ情報をアピールしてもらっています。昔なら井戸端会議で

口コミ情報は広まりましたが、インターネットの普及でさらに手軽に必要な情報を

得ることができます。現在、4名のアドバイザーが意見交換会を行ってサイト充実

のためのアイデアを膨らませています。もともとタウンアドバイザーとして区と

連携し始めたことがきっかけですが、今では「KOMAクル」の活動と連携した

トータルな子育て支援につながっています。

 このような発展ができたのも、区との連携がうまくできているからこそだと

感じています。

 今後も行政と積極的に連携し、お互いにいろいろなアイデを出し合いながら

協働していきたいと思っています。

 

「子育て」をキーワードにつながり、新しいモノ・コトが生まれ、そして未来へとつながっていく

今後のビジョンについてどのようにお考えですか。

 

 子育てをキーワードに、いろいろなモノ・コトがつながっていけば、と考えて

います。

 まち全体が子育てについて考えられるようになると、子育て自体も楽しくなる。

結果として、まちが賑わい、活性化すると思います。

 もともと子育て支援に力を入れている行政の基盤があり、事業を通じて

つながった人的ネットワークを活かして、学術機関としてできること、

スキルやノウハウを活かして行政、地域、そして学生たちと共に「子育てに

やさしいまち東住吉区」実現に貢献したいですね。

 学内のつながりも重要だと実感しています。現に、私たち教員も「KOMA

クル」で協働するまでは全く違う専門分野(中津先生:IT関連、村上先生:

造形関連)でしたが、今では同じ目的のもと、協働することができ、

お互いに刺激になり学びが得られることに気付きました。

 

城南女子-1

 

  この活動を通じて、横連携する事で新しいつながりや新しいコトが

生まれるということを、今まさに実感しているところです。だから学生に

とっても違う学部・学科の学生とも触れ合えるチャンスを積極的に

作り出していきたいと思っています。

 このまちに根差し、地域の方々と協働してきた実績や産官学連携を

通じて様々な企業とつながってきた実績がある当学だからこそ、

できることがあると思います。

 

 これからも産官学・三者協働の良い関係から新しいモノ・コト・そして未来を

作っていくための仕掛けづくりを積極的に進めていきたいです。

 

 

図2

美術講師などによるアートワークショップで 感性を育む活動が行われています。

(写真は手作りキャンドル作り)

 

 

 

図1

様々なおもちゃで遊ぶ子どもたち