市民活動と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?

まずは市民活動について確認してみましょう。

 

大阪市の定義を要約すると以下の通りとなります。

・多くの人の利益の増進に寄与することが目的

・自主的に行う活動

・ただし、営利、宗教、政治関連は除く

 

市民活動とは、身近な自治会や町内会、老人クラブ、婦人会など地域コミュニティに属して行う

「地域住民」のための活動をはじめとし、下の図のように、ボランティア活動や地域コミュニティ

活動、地元企業の社会貢献活動、ソーシャルビジネスを含みます。

暮らしを営むうえで課題をもつ「誰か」のために、自分の興味や関心に応じて、または知識や

能力を活かす発想で行う活動までその活動内容や目的は幅が広くとても多彩です。

 

市民活動の中でも、みなさんがよく耳にする「ボランティア活動」は、単発の活動や

長期でかかわる活動、平日だけでなく土日祝にできる活動など、頻度や機会も様々です。

仕事の有無や経験、年齢等にかかわらず、誰もが気軽に参加することが可能です。

 

また大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)が「社会のために

活動すること」と周知していることから、大阪市には社会課題解決を目的に活動する団体、

企業、地域コミュニティが数多く存在しています。

 

次回からは様々な社会課題をテーマとして順に取り上げていきます。自身の興味・関心、そして

スキルを活かせるテーマやそれに取り組む団体をぜひ見つけてみてください。

 

社会課題と市民活動挿入図

 

【参考】 

大阪市:市民活動の紹介

http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000370910.html