団体名
一般社団法人住宅長期支援センター
設立目的
住宅の長期にわたる維持管理 及び 活用を図り、住み継がれる住宅市場の確率と推進を目的として設立致しました。
主な活動
住宅の長寿命化推進の為、以下の事業を実施しています。
①住まいの維持管理支援事業
 ・住宅履歴情報「いえかるて」の活用による住まいの維持管理サポート
 ・住宅メンテナンス診断事業
  ※床下のシロアリや木材腐朽診断を行う「床下編」を、2020年10月20日に発表予定。
②住まいの維持管理について適切にアドバイスができる人材育成事業
 ・住宅インスペクター、住宅メンテナンス診断士の育成、研修サポート)
③住宅の品質確保の促進等に関する法律および住生活基本法に基づく、調査、研究、開発及び啓発活動
活動エリア
  • 国内
代表者名
東樋口 護
連絡担当者名
吉川 美保子
連絡先
  • 電話番号:06-6941-8336
  • FAX番号:06-6941-8337
  • メールアドレス:info@holsc.or.jp
団体所在地
大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル5階
団体種別
一般社団法人
活動分野
  • 地域活性・まちづくり
設立年月日
2016-4-1
運営情報の開示
関連URL
一言メッセージ
適切な時期に適切な維持管理(点検、修繕、設備機器の交換、リフォーム)が行われている戸建木造住宅は、長期間にわたり、安全・安心・快適に暮らせます。
「維持管理」の基本は、①住宅所有者様による日頃のお手入れ ②専門家による2~5年毎の定期点検 ③点検結果記録の蓄積・保存・活用 です。
(一社)住宅長期支援センターは、みなさまの大切なお住まいの「維持管理」をサポートします。