イケてる!市民活動★ミニレポート内容

NPO法人心織(ここる)は、2014(平成26)年からドックセラピーの普及とセラピストの育成をしています。

現在、10頭のセラピー犬が飼い主と一緒に障がい者や高齢者の施設へ訪問。レクリエーションを通して利用者さんとふれ合う「動物介在活動」や、理学療法士など医療従事者のもと、リハビリテーションをより効果的に行うことができるよう、筋力アップや散歩用リードを持った歩行訓練などの「動物介在療法」を行っています。

 

また、調査研究事業として高齢者のQOL・ADL(※)の維持・向上の効果を検証しており、利用者からはリラックスした表情が窺えたり、セラピー犬に触れようと腕を動かす、外部と積極的に関わろうとするなど、精神・機能面の両方に変化が見られました。

 
セラピー犬には、人好きということに加え、触られることにストレスを感じにくいなどの適性があります。さまざまな触れられ方や、急に手足や耳、しっぽに触れられてもびっくりしないよう、ふだんの生活で経験しておくことも大切です。愛犬のことをよく知っている飼い主が一緒にいることでセラピー犬(愛犬)は安心できます。心織では、その安心感が利用者に伝わると考え、家庭で一緒に暮らす愛犬とともに参加できること、そして活動を楽しんでもらうことを大切にしています。

 

 

「人では難しい心の扉を、動物なら開くことができる。愛犬を通して孤独や寂しさといった相手の抱える背景、社会的問題にも目を向けてほしい」と代表の田中理恵さんは考えています。

(※QOL:生活の質または人生の質、ADL:日常生活動作)

 

image

NPO法人 心織(ここる)  代表 田中理恵さん
https://kyodo-portal.city.osaka.jp/author/cocorudog/?uid=1513