講座など内容

福祉行政には、市民の「健康で文化的な、よりよい生活」(憲法25条1項・2項)を公的に支えて発展させる、とても大切な役割があります。
その本来の役割を果たすためには、福祉行政を担う職員は、十分な専門性に裏付けられた熱意を備えるとともに、過重負担とならない人員体制、経験・スキルを蓄積できる人事異動、地位の安定性などを保障される必要があります。活発に意見交換して創意工夫を生かす組織の風土も重要です。
しかし、福祉行政の現場では、職員の専門性が軽視され、人員削減による過重負担、頻繁な人事異動、非正規化や外部委託化による地位の不安定化が推し進められる傾向が顕著です。
そこで、さまざまな現場の実態と課題を把握することを通じて、社会保障・社会福祉を利用する市民のために、本来あるべき福祉行政の姿を創るには何が必要かを考える連続学習会を企画しました。 多数ご参加のうえ、現場や市民からの声もお聞かせください。

第1回 2019年 9月26日(木)18時30分~20時30分
【テーマ】生活保護ケースワーカーの専門性と人員体制を考える

第2回 2019年10月23日(水)18時30分~20時30分
【テーマ】児童相談所の専門性と人員体制を考える

第3回 2019年11月22日(金)18時30分~20時30分
【テーマ】福祉分野公務員の非正規化を考える

第4回 2019年12月12日(木)18時30分~20時30分
【テーマ】福祉事業の外部委託化を考える

第5回 2020年 1月27日(月)18時30分~20時30分
【テーマ】自治体の福祉行政を調べる:組織、民間委託、職員の仕事と働き方

※事前のお申込みは不要です。
※1回だけのご参加も可能です。

講座など情報

日時
2019年09月26日 〜 2020年01月27日 / 時間:  18時30分~20時30分
場所

第1回~第3回:大阪弁護士会館 10階会議室
第4回~第5回:大阪弁護士会館 2階会議室

(大阪市北区西天満1-12-5)

定員
なし
対象・条件
※事前のお申込みは不要です。
※1回だけのご参加も可能です。
参加費
無料
申込み方法
その他 /
申込み締切り
2020年01月27日

申込み連絡先・主催団体

団体名
大阪弁護士会
連絡先
  • 電話番号:06-6364-1227
  • FAX番号:06-6364-7477
  • メールアドレス:i-yoshihara@osakaben.or.jp
  • 担当者:人権課 吉原

ひとこと

□一時保育・一時預かり(要予約・無料)
[対 象]原則、首がすわっている乳児~小学生相当年齢児
[時 間]行事開始15分前から終了15分後まで
[申込期限]各回とも開催日の14日前までに上記問い合わせ先までお電話でお問い合わせください。 申込人数により、お断りさせていただくことがありますので、予めご了承ください。

□手話通訳、文字通訳(要予約・無料)
希望される場合は、各回とも開催日の14日前までに上記問い合わせ先までFAX若しくはメールにてお申し込みください。