講座など内容

【趣旨】
 近年、個人や世帯がかかえる生きづらさやリスクが複雑化・多様化しています。このような社会の変化を踏まえて、人と人、人と社会がつながり、一人ひとりが生きがいや役割をもち、助け合いながら暮らしていくことのできる、包摂的なコミュニティ、「地域共生社会」の実現を目指して様々な取り組みが行われてきました。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの社会や地域は大きく変化することとなりました。人と人との接触をできるだけ減らす、感染防止・予防の徹底など、従来の取り組みができない状況は、今後しばらく続くと考えられています。

 そこで本セミナーでは、新型コロナウイルスが福祉事業者の取り組みにもたらしている影響、withコロナにおいて福祉事業者に求められている役割、目指すべき姿を考えていきたいと思います。


WITHコロナにおける福祉事業者の役割【47分】
【概要】
1.社会経済変動と福祉事業者の役割

2.包括的支援体制における福祉事業者の役割

3.コロナ禍における福祉事業者の役割

介護・障害・保育の各施設における経営状況とコロナ禍の人材確保について【45分】
【概要】
1.社会福祉法人の経営状況

2.介護・障害・保育の各施設における経営状況

3.コロナ禍の人材確保に係る調査結果等

【配信期限】
令和4年1月31日(月曜日)午後5時まで

【受講対象者】
社会福祉施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など

講座など情報

日時
【配信期限】 令和4年1月31日(月曜日)午後5時まで
場所

WEBセミナー

定員
 
対象・条件
社会福祉施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
参加費
無料 ※新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置
申込み方法
申込専用フォーム /
申込み締切り
2022年01月31日

申込み連絡先・主催団体

団体名
独立行政法人福祉医療機構