イベント募集内容

■趣旨
NPO、事業、評価。

それぞれのあり方や関係に、どのように向き合うかを考える場面がふえてきました。

NPOの事業評価には、いろいろな顔があります。たとえば、日々の活動の価値をことばにする。地域の変化をみんなが見えるようにする。めざすところへの道のりをいっしょに考えるーー評価は、事業という畑を豊かに耕す道具でもあり、さまざまな経験から引きだされた知恵とも言えるでしょう。一方で、市民活動が短期的な「成果」で判断されるのではないかという心配の声もきかれます。

評価で事業を豊かにするには、どういう眼があるとよいのでしょうか。事業評価をNPOの力とするためには、どのような支援が求められているのでしょうか。

日本NPOセンターでは、事業評価の理解とスキルを持ち合わせた、地域に根ざしたNPO支援人材が育っていくことが大切だと考え、研修や実践を通じて、NPOの主体的な評価をサポートする姿勢と方法を考えてきました。今回、『NPO事業評価ワークブック』の制作を機に、皆さんとともに「NPO、事業、評価」を語り合う場をつくります。

NPOやNPO支援の現場で事業と向き合っている皆さんのご参加をお待ちしています。

■主な内容

《1》「NPO事業評価実践のための研修プログラム開発」の生い立ち
・なぜ事業評価のNPO支援人材なのか?3年間をふりかえる
・NPO・NPO支援者・社会を評価でむすぶ
・これからの課題

《2》NPOと事業評価、地域から考えた視点・論点
・地域のNPO支援者として、足元から考える「事業評価に必要な眼」
★研修等で事業評価を学んできたNPO支援者から、望ましい評価のための論点を共有します

《3》視点・論点 → ディスカッション!
・パネルディスカッション
・会場との意見交換
★2.で挙げた論点を深掘りし、NPO支援者はもちろん、評価専門家やNPO、助成団体などの角度からも議論を深めます

《4》交流会(同一会場内)

*内容は変更されることがあります

■「NPO事業評価実践のための研修プログラム開発」とは
日本NPOセンターでは、NPOが力をつけるには、事業評価の理解とスキルを持ち合わせた、地域に根ざしたNPO支援人材が育っていくことが大切だと考えました。

「NPO事業評価実践のための研修プログラム開発」は、地域のNPO支援センターや助成財団、個人事業主として経験を積んできたNPO支援者たちが、評価の講座と実習、ゼミ、ワークブックの制作などを通じてNPOの主体的な評価をサポートする姿勢と方法を考えてきた事業です。

イベント募集情報

日時
2019年12月09日 〜 2019年12月09日 / 時間:13:30 〜 17:00 
場所
新大阪丸ビル別館5-1号室(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)
・JR新大阪駅東口より 徒歩2分
・地下鉄御堂筋線新大阪駅⑤、⑥番改札出口より 徒歩8分

定員
60名(先着順)
対象・条件
事業評価に関心がある以下の方、ぜひご参加ください

・NPOを支援している方(NPO支援センター、助成財団、コミュニティ財団、個人事業主、CSRなど)
・NPOの方
・NPO支援にかかわる評価専門家の方
・その他NPO関係者の方 など
参加費
1,000円
申込み方法
電話 / E メール / 申込専用フォーム /
申込み締切り
2019年12月08日
詳細URL
https://www.jnpoc.ne.jp/?p=18803

イベント募集申込み連絡先・主催団体

団体名
特定非営利活動法人 日本NPOセンター
連絡先
  • 電話番号:0335100855
  • FAX番号:0335100856
  • メールアドレス:evaluation@jnpoc.ne.jp
  • 担当者:清水・山脇・中川

特徴

  • 1 日からの体験 OK
  • 平日・昼の活動