イベント募集内容

日時:11月13日[金]19:30─21:00
ゲスト:鷲田めるろ(十和田市現代美術館館長)
カフェマスター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創部門准教授)

実来場観覧とオンライン観覧、いずれかにてご観覧ください。
※観覧無料/申込不要
会場定員:15名程度(当日先着順)

新型コロナウイルスの影響により「生の作品を観る/体験する」という美術館の根幹を揺るがす現状に関する対話シリーズ「美術館のいま」。
第7回は、金沢21世紀美術館の開館に携わったのち、あいちトリエンナーレ等の国際展でキュレーターとして活躍し、今年4月に十和田市現代美術館の館長に就任された鷲田めるろさんをお迎えします。同美術館は、市のシンボルロードである官庁街通りを舞台に、通り全体をひとつの美術館に見立てる「Arts Towada」計画の中核施設として、2008年度に開館しました。通常の美術館にある収蔵庫をもたず、展示空間と一体化したコレクション展示を中心とした同美術館は、国内でも特殊な美術館として注目を集めています。
今回は、同美術館のご紹介とともに、コレクションのあり方や街との向き合い方から美術館の新たなあり方を考察し、その可能性や課題について対話を繰り広げます。

画像:十和田市現代美術館外観

イベント募集情報

日時
2020年11月13日 / 時間:19:30 〜 21:00 
場所
アートエリアB1(オンラインでも観覧可能です)
大阪市北区中之島1-1-1
■京阪「淀屋橋駅」西改札口から
 1番出口より、淀屋橋を北へ渡ってすぐ東へ徒歩5分

■地下鉄 御堂筋線「淀屋橋駅」北改札口から
 1番出口より、淀屋橋を北へ渡ってすぐ東へ徒歩5分

■京阪「北浜駅」から
 26番出口より、横断歩道を直進。難波橋を北へ渡ってすぐ西側

■地下鉄 堺筋線「北浜駅」北改札口から
 26番出口より、横断歩道を直進。難波橋を北へ渡ってすぐ西側

※阪急/阪神/地下鉄 梅田駅・JR大阪駅からも歩いて行くこともできます(徒歩約20~30分)


住所:大阪市北区中之島1-1-1
地図はこちら
定員
会場定員15名程度(先着順)
対象・条件
どなたでも
参加費
無料
申込み方法
その他 /
申込み締切り
詳細URL
http://artarea-b1.jp/archive/2020/11131619.php

イベント募集申込み連絡先・主催団体

団体名
アートエリアB1
連絡先

特徴

  • 初心者 OK
  • 平日・夜の活動