みんなの活動報告内容

クラファンチラシnew
色の見え方は人それぞれ
今、自分が見えている「赤」は、他人が見ている「赤」と同じだろうか?” と疑問を持ったことはありませんか? 実は、色の見え方は人それぞれ違うんです。日本では、男性の20~25人に1人、女性の場合400人に1人の割合で不便に感じてしまう色の見え方を持つ人がおられます。でもそれは、病気でも障がいでもなく、人それぞれの顔の形や肌の色が違っているのと同じ、個々に備わった個性・特性です。
知ることは知恵と寛容を生む
ところが、そのような色の見え方についての知識・認識は広まっていません。また、知っていると言っても、ハンディキャップ、タブーな事柄として認識されてしまっているのが現状。そこで、色の見え方の違いは、個性であることを広く知らしめ、多様性を認め合う、より良い社会にしていきたいと考えています。
差異を楽しむ。今までにないデザイン
自然に、気軽に、色の見え方について興味・関心を持ってもらえる手法として、“楽しみながら知る”、つまり“差異を楽しむ”というコンセプトでつくられたのが、今回のダブルビジョンTシャツです。一つの絵・デザインなのに、自分の持つ特性“色の見え方”で、2つの見え方ができる。これまでにありそうでなかった、個人の持つ色覚特性の違いが楽しめるデザインTシャツを製作、販売します。

 

9月16日(水)公開→10月30日(金)終了

 

★クラウドファンディング READYFORで公開中★
https://readyfor.jp/projects/truecolorst-shutproject
目標金額 1,270,000円

※終了日までに目標の金額が集まらなければ、この企画は成立いたしません。その場合、お預かりした出資金は全額返却させていただきます。

※ご支援いただいた方々のお名前をNPOのホームページに掲載したいと思っていますが、必要ない、匿名でいいという方はお申し出ください。

 

特定非営利活動法人 True Colors

TrueColorsの活動は大きく分けて教育機関などでの講演と行政の空間でのイベントです。 教育機関は小学校〜中学校〜高等学校〜専門学校〜大学までで実施してきました。色覚のおはなしの講演とレンズ体験研修、イベントは行政の空間で実施(区役所など)。 どちらも自分の色の見え方と反対の見方をレンズで体験して頂いています。

団体情報はこちらから
https://kyodo-portal.city.osaka.jp/author/oc1207/?uid=638