みんなの活動報告内容

定年退職後10年余りにわたり、大阪市内のデイサービスなどの高齢者福祉施設を中心にボランティア活動を行っています。
落語や小噺での笑いは、高齢者の脳トレの一環として大変有効です。踊りや歌を含めて会場のみなさんと一緒に楽しむ1時間ほどのプログラムを年間90 回以上行い、いつも会場全体をパッと明るくします。しかし、今年の新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、春先から施設からの依頼が減り活動の場がなくなりました。そんな中「訪問できないなら映像を見て笑ってもらおう」と思い立ち、家族の協力のもとYouTube「つる丸チャンネル」を開設しました。

動画の作成では、「やはり利用者さんの前で生披露し、利用者さんの反応があってこそひとつの話が完成するもの。カメラに向かっての話は気持ちがのらないし、うまくいったかわからない。」という苦労話もありました。

対面での活動再開に向けて、組み立て式で持ち運びができるパーテーションを手づくりし、11月の福祉施設の活動でお披露目となりました。さらに、「星影のワルツ」の替え歌『コロナに負けないワルツ』を作詞。コロナに負けず感染予防をしっかりして笑える明日を取り戻そうというエールが込められています。大きな声では歌えませんが、利用者さんもメロディーにあわせて口ずさめます。
活動は楽しく!をモットーに、コミカルな音楽で始まる動画や生の舞台で、これからも多くの人に笑いを届けたいと頑張っています。ぜひご覧ください。

ボランティア・市民活動情報誌「COMVO」vol.253 より

【個人登録】
つる丸亭新正(つる丸亭一座) メール turumarutei@gmail.com

団体名: